意味ある読書をするために

多くの人に読まれている一冊の本がある。しかしある人にとっては大変な衝撃を与え、ある人にとっては心に何も残らない。

世の中には多くの自己啓発書が存在するのに依然として新たな本が出版され、一向に人々の悩みが消えそうにない。

このようなことはなぜ起きるのであろうか?

 

それはほとんどの人が斜に構え、上から目線で読むからである。

 

読書を本当に自らの人生にとって意味のある、自らの能力にとって意味のあるものにしようと思うのなら、その本の内容を「本気」で受け止めることだ。

では「本気」で受け止めるとはどういうことか?

それは内容を参考程度にと構えて読むのではなく、実際に自分に置き換えどうなるか想像しながら読むということ。

 

「まぁ、参考程度に読んでおこう」「一応読んでおこう」。このような態度では結局内容は心をスッと通り過ぎただけで何も残らないのである。

それもそのはずである。最初から当てにせず読んでいるのだから。

大切なのは「内容を自分の身に置き換える」こと。

本気で真摯に本と向かい合えば本もそれに答えてくれ、何か必ず得るものがあるはずなのだ。