読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武士が政権をとった後、なぜ天皇は排除されなかったか?

武士が台頭する鎌倉時代までは天皇の血筋によって歴史は動いてきた。長屋王の変藤原広嗣の乱、橘奈良麻呂の変などは正統な天皇の血筋を守るための争いであった。そしてその正統とは藤原氏にとっての正統であった。同じく院政も早くに同じ血筋の後継者を確立するための知恵だった。
 
では武士が政権をとった後、なぜ天皇は排除されなかったか?
それは依然天皇が叙任権という権力を保持していたからであり、荘園制が江戸幕府まで残っていたというのも大きいだろう。つまり天皇は権力を与える存在であり、それを排除するということは自らの権力も無くなるということを意味していた。
さらに神話から連なる日本古来の為政者である天皇の求心力というのは、いくら武士が主導権を握ろうとも根強く、例えば足利義満天皇に取って代わり日本国王になろうとしたという考え方が存在するが、仮に天皇を排除したとしたら、当然幕府に不満を持つものは多く居たであろうから、それを口実に大規模な倒幕運動が起こるであろうと思われる。そのような危ない橋を渡るよりは何もせず従っていた方が賢明だったのだ。