時代の先を行くことの覚悟

自動運転車導入当初、摩擦は起きる。
問題や事故は多少起きる。
でもそこで止まっちゃいけない。
やっぱり危険だった、やめにしようという声に屈してはいけない。
 
時代はこの先いくらか逆行する時があったとしても将来は自動運転になることは間違いない。
黎明期のいま、日本に合ってないなどと停滞してはいけない。
社会に合ってる合ってないではなく、合わせるのだ。
絶対的にデメリットよりメリットのほうが大きいのだから。
 
これからのAI化、機械化の時代。
日本は先進国にならないといけない。
 
東京オリンピックパラリンピックもある、技術大国として世界のペースメーカーになるべきだ。